ホーム > お金 > 金銭感覚の違い

金銭感覚の違い

学生時代から7年付き合った夫と結婚しました。 話は合うし、一緒に暮らすと楽しいだろうな、と思っていました。 家事も嫌がらずに手伝ってくれるし、相談にも乗ってくれるし、家族としてもうまくやっていけると思っていました。 ただし1点気になるところがありました。 結婚しようという時になって、夫に殆ど貯金がない事が分かりました。 夫はきちんと働いていて収入はあるのですが、貯金をするという意識があまりなく、 収入をほとんど使ってしまっていました。 しかも、大きな買い物をしたとか、旅行に行ったとか言うわけではなく、何となく毎月お金を使い切っているのです。 その時は、持っている人間が出せばいいか、と深くは気にしていませんでした。 結婚すれば夫が変わるだろうと、勝手に期待していたところもあります。 結婚後も私は仕事を続けていたので、決まった額をもらって家計をやりくりしていました。 食費として受けとっていましたが、心配だったので、 すべて貯金に回して、食費や雑費は私の収入から出していました。 夫には「もらったお金で貯金もしているけれど、まとまった出費もあるから、そっちでも貯金してね」とお願いしていました。 もちろん私自身も別途貯金をしていました。 そして、子供ができて私が仕事を休職した時の事です。 今後の教育費や家の購入を考えるにつれて、家計を見直した際に確認してみると、やはり夫は貯金が全くできていなかったのです。 もちろん、毎月出してもらっているお金で、夫婦共通の貯金はできていたのですが、あくまで老後必要な最低ラインの貯金です(夫は退職金がありません)。 それなのに、出産費用などのまとまったお金を、すぐにその貯金から出そうと言います。 収入から見て使いすぎじゃないか、老後資金や今後の人生設計はどうなっているのか、と心配になり、 ここでやっと、お金の話を切り出す事になりました。 今現在は収入と支出を見直している最中です。 長年付き合っていても、お金の話は失礼だと思ってなかなかできなかった自分の対応も反省しています。 結婚は生活なので、付き合っている時と同じようにはいかないのだなと痛感しました。 結婚前調査

関連記事

金銭感覚の違い
学生時代から7年付き合った夫と結婚しました。 話は合うし、一緒に暮らすと楽しいだ...
産後の体系って...
出産を3回してからブクブクと太ってしまい、痩せようと思いながらも、日々の忙しさを...
一歩踏み込むためには
やっと売買する時という状況では、何をおいても事前準備を怠ってはならない。 &nb...
ひどい事例
免責不許可事由という意味は破産申告の申立人へこれこれの件にあたるときはお金の帳消...