ホーム > お金 > 一歩踏み込むためには

一歩踏み込むためには

やっと売買する時という状況では、何をおいても事前準備を怠ってはならない。

 

売買を行う前であるならば相場を合理的に調べる事ができる余地があります。

 

だけれども、一度トレードの内側へ踏み込んでしまうと、どう工夫しても見え方が偏ったものになり状況によってはちゃんとした見方がわからなくなる危険があります。

 

だからこそ自分自身の考えが合理的な状況で正しく準備を進めておくことが大事です。

 

"事前準備"するためには、自分だけの物語を記す事からスタートします。

 

今後のこの通貨は下がる(または上がる)から、NZドルを勝負するみたいに自分だけのストーリー展開を考えていきます。

 

次にチャートをチェックしよう。

 

これまでのマーケットの上がり下がり調べて今現在の値段を確認する。

 

そうしたら、「今現在はひどく行き過ぎた水準だ」もしくは「もう多くの投資家の方々がエントリーしているから、今さら慌ててしかけてももう遅いな」ということが分かってきます。

 

無論今はもうしかけるのがやりようがないと感じたらこの状況ではすっぱりと割り切ることが大切です。

 

あなたの筋書きを妥協しないで、トレードすると、マーケットに跳ね返されて、それどころかマイナスになりかねない。

 

ただ多くの場面で、準備が出来ている自分の脚本を作り上げていくと、エントリーがやりようがないという場面にはならないと思います。

 

たぶん、リアルにFX相場が上下動する前の状況のはずだからです。

 

その次に自分自身が売買しようとするポジションの変動をちゃんと把握する事が重要です。

 

もしも、円安に向うだろうという物語を記したのであれば該当する通貨の推移に注目する事が大事です。

 

相場の上げ下げを気をつけ始めた状態では、その通貨ははっきりと上下動する素振りを見せることなく、小さな上下動をしているだけでしょう。

 

しかしながら、その変動をじっと見ているとある状況で着実にドル高へと向い始めます。

 

このタイミングでいよいよ、ドルのエントリーします。

 

おおむね、そこまで十分に準偏を考えておけばそのエントリーで勝利する割合は相当高くなるはずです。

 


関連記事

金銭感覚の違い
学生時代から7年付き合った夫と結婚しました。 話は合うし、一緒に暮らすと楽しいだ...
産後の体系って...
出産を3回してからブクブクと太ってしまい、痩せようと思いながらも、日々の忙しさを...
一歩踏み込むためには
やっと売買する時という状況では、何をおいても事前準備を怠ってはならない。 &nb...
ひどい事例
免責不許可事由という意味は破産申告の申立人へこれこれの件にあたるときはお金の帳消...